気絶なんてこわくないっ -それすなわち無謀-

どこにでも特攻します。Deathペナルティなんて怖くない!そんな活動日誌です。 ※注.普通の日記も含まれます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いっしゅう完走れぽ

死ぬほど疲れたん…

ちょっと文章の書き方を変えてみた。なんか変な感じ?


今日は朝から雨がどしゃぶりで欝になった。
雨は昨日からガンガン降ってた。

約束の時間よりもはやく連絡が来た。あと5分くらいでそっちに着くよ

ことの流れは前日の昼になる。
いつからか、気がついたら降ってた雨。お昼過ぎに目が覚めて少ししたら電話がかかってきた。
明日はどぉしようか? 雨降っててもとりあえず行ってみる? 自分は走らないけどね。
もちろん行くと答えた。
その日の夜に、別な人から電話が。こちらの予定が変わったから一緒にいかない?
この人も一緒に走る予定だった人。
少し考えてみた。最初に電話をくれた人は走らないけど、私が行くなら連れてってくれると云ってた。
自分が走らないのに車を出すには安くない交通費だと思った。それなら……
じゃお願いしようかなw家に着いたら連絡するということで話は決まった。時間はAM6:00

その夜はいつものようにトリスタをやって、途中からは友人とSkype電話をしながら。時刻は日付が変わってAM3:00
さすがにちょっと(?)まずいかな^^;
友人に別れを告げてお風呂に。
そしたら体が火照っちゃって眠れなくなっちゃった。とりあえずまたパソコンを立ち上げてトリスタをw
そとも大分明るくなってきたかなぁと、少しでも仮眠は取ったほうがいいかもね?
時計をみたら約束の時間まで1時間もなかった。あっちゃ~やっちゃったか……
案の定、朝ごはんの準備や着替えやらをしてたらあっという間に迎えが到着!えっもちっと待ってよw

相変わらず空は雲でおおわれ、大粒の雫を無限と思えるくらいに降らせていた。

高速道路は雨のため、50キロ制限。でも同乗者(運転者)は...
ちらっとスピードメーターをのぞいてみると?
針がとんでもない数字を指してたwちょっとそれはさすがに怖いですよ。

目的地に近くなると、道はその一本しかなく大分込んでて渋滞してた。これはタイヘンだっ
到着してもどこもかしこも車ばっかりで駐車スペースなんて空いてないに等しい。けど、そのあたりはちょっと強引に^^;

ひとまず会場入りして参加葉書とゼッケンを交換してまた車に戻って開始時間までくつろぐことに。
その間も雨は強まったり弱まったりとを繰り返してた。雨が止むのはもっと後のこと。

スタートからは一緒に走ってたけどすぐにたくさんの人の、雑踏の中、人で出来た強靭な壁に行く手を阻まれて見失っちゃった。当面の目標はその人を見つけるために前のほうへ。


山中湖ロードレース(種目:一周マラソン)
一周は13.6キロ。大小のアップダウンがいくつもあり、最大高低差は約40メートル。
給水ポイントは6箇所。



しばらく走って一箇所目の給水ポイントに到着したけど、すごい人だかりが出来ててそのままスルーした。
そこからはしばらく下り坂が続いてた。ここで頑張ったら後で絶対にへたる。辛抱するのよ、私!
というよりも、目の前には人、人、人、人人人っ
容易に前には出れないね。

たまに、2キロ地点とかって看板があるので目安にはなるんだけど、時計持ってないからペース配分なんて考えることがで・き・な・い

頑張ってがんばってようやく7キロ地点を通過。ようやく半分かな? しかし、上り坂orz
下りよりはマシだけど、ここが一番長い坂。遂に耐え切れなくなって走っていた足は歩く動作に変わっちゃった。

走るのをやめると不思議なことに、足が勝手に前に進んでいく。
一歩踏み出すと、反動でもう片方の足が前にでる。
すごいwでもそんなこと思ってる余裕なんてないはずなんだけどね。
少し歩いてはまた走って、また歩いて走ってを繰り返すようになってた。

実は2箇所、3箇所目の給水ポイントはすっ飛ばしてたってオチ

4箇所目の給水ポイントはひどかったw
ドリンク系が一切なかった。すでに品切れの可能性もあったが、それにしては道路がキレイ。
そこにあったのはオレンジ!このオレンジはどこの給水ポイントにも置いてる。
いぁ、息苦しくて、ハァハァしてるときに柑橘系は危ないと思うのですよ? 当然のごとくスルー

早いうちに左足の踝が悲鳴を上げて、その次に親指の付け根のあそこ。あそこって云っても分からないよね^^;

異変は9キロ地点を過ぎたあたり(看板見てないから確証は×)に起こった。
右足の付け根、股関節から悲痛な叫びが。。。
足を動かすたびに激痛が伴い、完全に走ることが難しくなっちゃった^^;
後半戦はほとんどが歩きになってのろまな亀の気分

残り1~2キロになってくると、応援してくれる人たちにも力が入ってくる。
中にはラスト1キロだよーと云ってくれるオジ様が……
どぉ考えても1キロできく距離じゃないと思うのよねぇ^^;
応援してくれるのはうれしいんだけど、そんなアバウトすぎる助言は逆効果だy……少なくとも私には

もう走ることは考えられなくなっちゃった。でもあともう少し、あともう少しでゴールなんだっ
まだ足を上に持ち上げる力は残ってた。今度はそれを上じゃなくて前に動かすようにする。
とにかく、今出来ることは一歩一歩前へ足を動かすだけ、それしかできない。

最後はダウナーの仲間入りが出来そうなくらい欝になる坂道(上り)
もう、ここはどうなってもいいとさえ思えてきた。
全力を振り絞ってダッシュで坂道を駆け上り、、、

ごーるぅぅぅ


そのときに、真っ白だったTシャツが誰かが飛ばしたアレによって水玉模様が増えていたのが一番悲しかった><
あれはもう二度と手に入らないものなんだょ!
泥の汚れというものは洗ってもなかなか落ちない記憶が...orz

走り終わるともうすっかり雨は止んで、青空さえ見えてるところもあったかな?
でも富士山は見えず、残念w

帰りに温泉に連れてってもいましたぁ
ゆっくり体を温めて気分は爽快!! になれば良かったんだけどね。


今回の敗因
まず、ほぼ一睡もしてない件について。
それから、参加申し込みをしたにもかかわらず、走り込みや体力づくり、練習も一切やらなかった自業自得。
そして、あそこまでアップダウンがあるとは想定外により……うん、ムリ♪

あとは今までで一番長い距離を走ったのは、たったの5キロ(もしかしたら3キロかも)なので13.6キロは圧倒的に長くて、経験が一切ないのがだめだなぁと思いました...。


次回、はたぶんないのでこの↑教訓は生かされることはないでしょうww



筋肉痛が怖いーーー><  ←すでに全身が痛い
胸が痛いです。深呼吸ができません。心肺機能がへたっちゃったかな? と恐ろしいことを考えてみるテスト

日記・雑記etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いっしゅう完走れぽ -後日談- | HOME | TS特攻 -その二->>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。