気絶なんてこわくないっ -それすなわち無謀-

どこにでも特攻します。Deathペナルティなんて怖くない!そんな活動日誌です。 ※注.普通の日記も含まれます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

無限の可能性


いつも重宝している会社のお昼休みの時間。
この時間帯は、昼食とお昼寝をする大事な、だいじなひと時。
今日はご飯を食べる時間を返上してお昼ね♪ (お腹減った(´ Д`)=3

でも、珍しく覚えてる夢を見たょw

──以下夢の内容(自己ツッコミあり)

場所は実家の近くの湖近辺。
工事現場の片隅に佇む一つの重機……ブルドーザーが、、、

私だって乗れる。。。(ちょw どんな経緯があってそんなこと考えてるのかw
操縦席に乗り込み、エンジンを起動させる。(鍵ついてたんだね、無用心

──場面は切り替わり

狭い道路を、地面を削らんとする勢いで走る走る(よく対向車がいないもんだ、さすが夢。
大きなカーブが迫ってきた。ブレーキを踏めっ、踏むんだ(実際はそんなカーブ……あったかも
足元には4つのペダルがあった、どれがブレーキなんだ。。
さっきまで踏んでたのがアクセルだろう、じゃ残りのどれかだ。(当たり前w
踏んでみたがこれといって変化がなかった。あきらめてレバーの操作に移る。
レバーが4本。(また4の数字w
そのうちの1本がシフトレバーで、チェンジダウンをかけて強制エンジンブレーキをかけた。
2本はアームを動かすレバーで残りは意図不明。(ん?ハ・ン・ド・ルは何処へやった・・?

カーブを曲がりきれずにガードレールをガスガス壊しながら工事中の立ち入り禁止のポールを弾き飛ばしてなお進む。(この時点ではまだ必死にブレーキを探してたはず、、

──場面が変わる(夢だから脈絡もなく次へ進むw

民家と民家の間の狭い駐車場。(どう考えてもあの重機じゃ入っていけないw
どこにもぶつけぬように道路へ出るためにそろーりと後退。(ぃあ、ムリでそ。
道路目前で目の前の中空に別次元が出現した。。。(なんでもありになってきたww
そこだけ天と地がさかさまで、知らない男の子が歩いてた。


はい、ここまで。ここで目が覚めました・・
相変わらず夢って分けわかんないね^^;
ころころ場面は変わるわ、何考えてるか意味不な自分とか世界観とか……

でも人を轢く夢じゃなくてよかったw
今度はもっと楽しい意味での意味不な夢を見たいね。頑張れ記憶の整理
スポンサーサイト
日記・雑記etc | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。